2007/01/21

ウィアード・アルのインタビュー

英語の試験前なので、英語の記事でも読めばいいと思うんだ(逃避)。

飲みながら久しぶりに "White & Nerdy" を観たり元ネタを確認したりしてたんですが、wikipedia で
プロモーションビデオの「ウィキペディアの編集をしている」という場面で、ネットに「最低(YOU SUCK!)」と書き込んでいるシーンがある。ウィキペディアのアトランティック・レコード(音楽事務所)」のページに書き込んでいるらしい。これは、ジェームス・ブラントの"You're Beautiful"という歌の替え歌を作ったが、ブラントの事務所が許可を撤回した事に対する皮肉。
いまさら初耳。というわけで元記事を読んでみた。Herald Sun のインタビュー

事実関係は上のとおりだけど(斜字=インタビュアー)
I tend to avoid any confrontation or any situation where my record label might have to go to war with their record label.

It's still on your myspace page www.myspace.com/weirdal . . .

That's a grey area legally. It's not on my official website any more, I've got links to it, but it's not on my site. It's not the kind of thing I'd have done in a million years if James Blunt himself had a problem with it, but because a bunch of suits at his label weren't acting in their artist's best interest I didn't have any problem with it.
穏便にいきたいよね、とか言った舌の根も乾かないうちに「 myspace は俺のサイトじゃないもーん」っておまえ。関係無いけど「 a bunch of suits 」って言い回しかっこいいですね。スーツ族。

And now Atlantic Records' page on Wikipedia has been frozen because of "vandalism" . . .

I don't officially approve of that, but on a certain level it does amuse me.
性格悪いなあ。関連して、日本版 wikipedia のクリスマスの項目がクリスマス前に編集凍結されてた件を思い出したんだけど、確認したらまだ固まってた。ノートが夏から活発に動いてるのも素敵。何年戦争だよ。

話戻してウィアード・アル。"Don't Download This Song" については結構慎重な発言。
My own personal feelings towards downloading are kind of ambiguous in the lyrics. People have gleaned totally different messages from the song. Some people think the title is totally ironic. Some people take it at face value. Again, it's a grey area for me.
ここで距離をとるあたり、クレバーな人なんだろうなあ、となんとなく思った。徹底した冗談半分は、真面目じゃないと保てないスタンスなんだと実感。まあそういうまともなこと言ったと思ったら
Websites now list parody songs being shared online that are attributed to you, which you didn't write. Is that annoying?

It is, because most of the songs attributed to me are pretty bad. Some of them are pretty vulgar as well. My audience is pretty family-friendly. I appeal to a lot of kids. A lot of parents feel safe buying my albums for their children. When they hear stuff like this on the internet that's crude or vulgar, they think, "Oh, I thought Al was clean comedy. I can't buy his stuff for my kids any more". As it turns out, it's not even me.
「俺まで他の連中みたく下品だと思われたら、親御さんたちが子供に俺の CD 買ってくれなくなるやん!」ですか。ぶっちゃけ芸。いちいち職人だなこの人。
んで一番笑った流れ↓。
The new album also parodies R Kelly's musical soap-opera Trapped in the Closet on Trapped in the Drive Thru. Was that song too ridiculous to not parody?

That was actually a tough call. I wanted to do something with it, but the other part of me thought, "How on earth am I going to do anything with this because it's so ridiculous already?" So I decided rather than trying to make it more bizarre or convoluted I'd try to make it as mundane and trivial and banal as possible, but still keep the drama.
何気にインタビュアーもひどい。そこにかぶせて「これ弄りようなくね?」「原曲が凄すぎるから逆に控えめにしてみた」ってどんな言い分だよ。むしろここまで言われる R・ケリーが凄い。何つくったんだ。
収録曲「トラップト・イン・ザ・クローゼット(Trapped In The Closet)」ではアルバム収録は〔チャプター1〕から〔チャプター5〕までだったが、同年DVD「トラップト・イン・ザ・クローゼット」で、全12曲に及ぶストーリー性のある曲とPVが話題を集めている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%AA%E3%83%BC
ああ、「ロード」か(合点)。

問題の "You're Pitiful" も聴いてみた。"White & Nerdy" のラップ巧者っぷりでも思ったけど、この人やたら器用だよな。歌うまい。ビデオ観たかったなあ、 "You're Pitiful" 。あとどうでもいいんだけど、wikipedia ↓
本名Alfred Matthew Yankovic
本名マシューかよ! 言われてみると友人のマシュー君(割とガチで White & Nerdy )とシルエットが似てる気がしてくるからフシギ。おしまい。

ウィアード・アルのインタビュー

英語の試験前なので、英語の記事でも読めばいいと思うんだ(逃避)。

飲みながら久しぶりに "White & Nerdy" を観たり元ネタを確認したりしてたんですが、wikipedia で
プロモーションビデオの「ウィキペディアの編集をしている」という場面で、ネットに「最低(YOU SUCK!)」と書き込んでいるシーンがある。ウィキペディアのアトランティック・レコード(音楽事務所)」のページに書き込んでいるらしい。これは、ジェームス・ブラントの"You're Beautiful"という歌の替え歌を作ったが、ブラントの事務所が許可を撤回した事に対する皮肉。
いまさら初耳。というわけで元記事を読んでみた。Herald Sun のインタビュー

事実関係は上のとおりだけど(斜字=インタビュアー)
I tend to avoid any confrontation or any situation where my record label might have to go to war with their record label.

It's still on your myspace page www.myspace.com/weirdal . . .

That's a grey area legally. It's not on my official website any more, I've got links to it, but it's not on my site. It's not the kind of thing I'd have done in a million years if James Blunt himself had a problem with it, but because a bunch of suits at his label weren't acting in their artist's best interest I didn't have any problem with it.
穏便にいきたいよね、とか言った舌の根も乾かないうちに「 myspace は俺のサイトじゃないもーん」っておまえ。関係無いけど「 a bunch of suits 」って言い回しかっこいいですね。スーツ族。

And now Atlantic Records' page on Wikipedia has been frozen because of "vandalism" . . .

I don't officially approve of that, but on a certain level it does amuse me.
性格悪いなあ。関連して、日本版 wikipedia のクリスマスの項目がクリスマス前に編集凍結されてた件を思い出したんだけど、確認したらまだ固まってた。ノートが夏から活発に動いてるのも素敵。何年戦争だよ。

話戻してウィアード・アル。"Don't Download This Song" については結構慎重な発言。
My own personal feelings towards downloading are kind of ambiguous in the lyrics. People have gleaned totally different messages from the song. Some people think the title is totally ironic. Some people take it at face value. Again, it's a grey area for me.
ここで距離をとるあたり、クレバーな人なんだろうなあ、となんとなく思った。徹底した冗談半分は、真面目じゃないと保てないスタンスなんだと実感。まあそういうまともなこと言ったと思ったら
Websites now list parody songs being shared online that are attributed to you, which you didn't write. Is that annoying?

It is, because most of the songs attributed to me are pretty bad. Some of them are pretty vulgar as well. My audience is pretty family-friendly. I appeal to a lot of kids. A lot of parents feel safe buying my albums for their children. When they hear stuff like this on the internet that's crude or vulgar, they think, "Oh, I thought Al was clean comedy. I can't buy his stuff for my kids any more". As it turns out, it's not even me.
「俺まで他の連中みたく下品だと思われたら、親御さんたちが子供に俺の CD 買ってくれなくなるやん!」ですか。ぶっちゃけ芸。いちいち職人だなこの人。
んで一番笑った流れ↓。
The new album also parodies R Kelly's musical soap-opera Trapped in the Closet on Trapped in the Drive Thru. Was that song too ridiculous to not parody?

That was actually a tough call. I wanted to do something with it, but the other part of me thought, "How on earth am I going to do anything with this because it's so ridiculous already?" So I decided rather than trying to make it more bizarre or convoluted I'd try to make it as mundane and trivial and banal as possible, but still keep the drama.
何気にインタビュアーもひどい。そこにかぶせて「これ弄りようなくね?」「原曲が凄すぎるから逆に控えめにしてみた」ってどんな言い分だよ。むしろここまで言われる R・ケリーが凄い。何つくったんだ。
収録曲「トラップト・イン・ザ・クローゼット(Trapped In The Closet)」ではアルバム収録は〔チャプター1〕から〔チャプター5〕までだったが、同年DVD「トラップト・イン・ザ・クローゼット」で、全12曲に及ぶストーリー性のある曲とPVが話題を集めている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%AA%E3%83%BC
ああ、「ロード」か(合点)。

問題の "You're Pitiful" も聴いてみた。"White & Nerdy" のラップ巧者っぷりでも思ったけど、この人やたら器用だよな。歌うまい。ビデオ観たかったなあ、 "You're Pitiful" 。あとどうでもいいんだけど、wikipedia ↓
本名Alfred Matthew Yankovic
本名マシューかよ! 言われてみると友人のマシュー君(割とガチで White & Nerdy )とシルエットが似てる気がしてくるからフシギ。おしまい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。