2007/03/14

ドジっ子を見たこと、あるいは救済のために

ショップ 99 ――どの程度にチェーン展開しているのか分からないが、おれの生活圏である東京 23 区内ではしばしば目にするこの 99 円均一のコンビニにさっき買い物に行ったら、二ついいことがあった。

一つはテーマソングの復活。
この店はある程度の規模の小売店にはありがちなようにオリジナルソングを持っていて、これが「ショップキュッ♪キュキュッキュキュキュッ♪」というサビの執拗な繰り返しからお客様本位のアピール・間奏の派手なベース音に至るまでくどいほどコテコテにキャッチーな「お店ソング」。これが近所の店舗ではここ数ヶ月間なぜか有線放送に店内 BGM の地位を奪われていて、おれはそれが不満だった。しかし、先ほど行ってみるとこれが華麗なる復活を。素晴らしい。感動のあまり惣菜コーナーの前でしばし立ちすくんだほどだ。ショップキュッ。なんたる語感。

二つにはレジ打ちの女性がなかなかのドジっ子だった点。
この人はおれが入店したときは棚の整理をしてたんだけど、これがかなりの不器用さで、同じ動作を何度も繰り返してるのに作業が進む気配が無い。物を落とす。棚の詰め方が下手すぎる。その合間には律儀に「あ、申し訳ありません」と背後を通る客に頭を下げるから、ますます作業が捗らない。おれが見ていた数分間に彼女が足元の段ボールから棚に移し終えた商品がどれほどのものだったか、数えるに忍びない。しかしそのときもレジ打ちの間も顔は常に燦燦たる笑顔で、まずビニール袋がうまく開かず、開いたところで商品を詰めてても毎度毎度野菜を積み損なってもたつくので、その都度慌てつつもひときわ笑って「ぁぁ、申し訳ありません」。おれがエコーズ Act.2 持ってたら顔の横の余白に「あわわ」とでもぶち込んでやるね。間違いない。ヘブンズドアーで「ミスするたびに舌を出して『またやっちゃった☆』と言う」って書き加えてやってもいい。だからどうってことでもないけど。

さてここで言いたいのはドジっ子萌えの云々ではなくて、ウェルメイドであるということについてだ。
(以下は少しずつズレるので格納)

2007/03/24

give it to me, all night long

卒業が近くて寂しいは寂しいんだけどわざわざサークルの卒展会場に行っても何するでなし、そもそも人と会ったところで夜には一人になってまた寂しくなるのだから根っこから満たされるのは不可能なんだ、と思うと人を求めること自体無益に思えて結局ひとりで過ごす。こういう心根のせいで損をしてきたのだと思う。自分から電話をかけないから通話料がお得という以上のメリットは無い。「人ごみに紛れると涙が出る」と言った桜島の詩人はその点でおれに共感させるけど、彼の周りには常に人がいる。おれには彼のような人望も筋肉も無く、持ち上げられるのはせいぜい紙っきれくらいのものなので、ひとりで本でも読んでいる。と書いていて気付いたけど、あれだな、案外そんなに寂しくないのかもな。さすがに我慢できなくなったら泣きつくもん。楽しいぜ今。「未知で満ち満ちた道で 生きよう 生きてえ Yeah」。つっても自分が繋がってないのは確かなので、最近読んだ本の中で繋がりそうなやつを:
続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。