2004/11/01

【社会】若者ファッションに激震―――『オネエ系』の由来発覚(2004.09.10)

(法)東京現代風俗監督会は、1日未明、若い女性の間で人気のファッション・スタイル「オネエ系」は、ロシアの文豪・プーキシンの小説「オネーギン」が由来であると発表した。同会によると、「『オネエ系』は正確には『オネー系』で、正しくは19世紀ロシア貴族の瀟洒な装いを模倣したもの。従来の現代的なファッションは誤り」(同会広報)とされる。
この発表を受け、若者向けアパレル販売大手・渋谷109などは既に商品の大幅入れ替えを始めており、「週明けには完了する」(109営業担当)と対応に自信を見せる。一方で消費者側には困惑が広がっており、弊社が実施したインターネットでのアンケートでは「恥ずかしい」「今まで勘違いしていたコフスキー」「これからは正しいオネー系を身につけたいゴールボブチャンチン」など自省的な意見が大勢を占めている。「オネーギン」はプーキシンによるロシア恋愛文学の傑作。

------------------
2005/06/22追記。
昔の日記(Wordファイル)にあったのでアップ。それにしても酷い。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。